2017年12月11日

●ちょっと早い「X'mas」をお届け...

今回のアコースティックライブでは「きよしこの夜」からスタートしました。

20171211.jpg

ちょっと早いX'masをお届け...ということで、いつもの即売会や握手会ではなく、お見送り会で皆さんの笑顔にお逢いできました。

4回ステージ、ほんわかした時の流れの中、歌わせて頂きました。

今年1年は疾走感いっぱいの活動だったので、久しぶりに本来の自分に会えたような気がします。

そんな僕の気持ちを優しく包みこんで下さるかのような演奏は、お客様の心もHappyにして下さいました。

violin...後明美佳さん
guitar...磯部有靖さん
piano...中谷幹人さん

アコースティックライブは、楽器の数が少ない分、より竹島の声の音色を近くに感じて頂けます。さらに、一曲一曲にこめた感情の高ぶりを、静かに、熱く味わって頂けるライブです。

また来年も、定期的にお届けして参ります。ご来場、お待ちしています!

2017年12月 6日

● 『歌MAX』の収録!

朝、宿泊先のホテルの窓下に広がる白銀の世界に気持ちが引き締まり、いざ東京へ。
20171206b.jpg

北の丸公園の中にあるスタジオ前には、立派な銀杏の木が見事な黄金色に輝いていました。
20171206a.jpg

『歌MAX』のサロンゲストには神野美伽さんがお越し下さいました。

35周年をお迎えになる神野さんは、来年1月、大阪新歌舞伎座にて劇場公演を開催されます。今回はどんなステージを拝見できるのでしょうか?今からとても楽しみです。

世界に向けて配信されるアルバムの話題など、先輩が活躍されるお姿にはいつも刺激を受けています。
20171206c.jpg

僕も2018年は新しいライブ活動を充実させたいと思います。歌いたい歌を、聴いて頂きたい歌を、届けたい歌を、竹島Styleで味わって頂けますように。

ところで、来年1月の放送では、テレビをご覧下さっているファンの皆さんに向けてとっておきの企画が目白押しです。楽しみにしていて下さい!

これからも『竹島宏の歌MAX』を、何卒よろしくお願いいたします☆☆☆☆☆

2017年12月 5日

●初雪

企業さんの貸切イベントで富山県に伺いました。

控え室からは冬の日本海が一望でき、窓を開けると潮風が吹き込んで、頬っぺたに突き刺さる冷たさが心地よかったです。
20171205.jpg

このシチュエーションで露天風呂入って、湯豆腐食べたい...みたいな(笑)

暗くて写真は撮れませんでしたが、ステージを終えて部屋に戻ると雪が降っていました。

僕にとっての今年の初雪。見てるだけではしゃいでる自分がいました。

そういえば、今日は1日中、心がポカポカしてました。

皆さんがパワーを送って下さっているからかな。

2017年12月 4日

●最高のサプライズ!!

今日は忘れられない1日でした。

「雑誌の打ち合わせがあるから。」と言われ、半ば強引に連れて行かれた場所は、都内某所の居酒屋でした。
「何でわざわざこんな賑やかな場所で打ち合わせするんだろう。もう少し静かな場所選べばいいのに。」と、ブツブツ言いながら店内へ案内されると...。

ビックリ仰天!!

そこには、日頃からお世話になっているスタッフさんたちが、勢揃いで呑んでいるではありませんか!?
「何でいるんですか???」
いやそーじゃなくて、皆さん、ずっと僕を待ってて下さったのです。

早い話、軽いドッキリ♪だったわけです(笑)

人生において初めてのドッキリ。

それにしても、現場のスタッフさんたちとゆっくり話すことってほとんどなかったので、とても貴重な時間になりました。
竹島宏を心から支えて下さっているスタッフさんたちの存在。
現状について真剣に悩み、将来のことを色々考えて下さっているスタッフさんたちのお気持ち。
力強い励ましを頂いたようで、本当に嬉しかったです。ありがたかったです。
皆さん、僕にとっては人生の先輩であり、業界の先輩であります。勿論、若手のスタッフさんたちも、それぞれの感性を生かしながら懸命に行動して下さっています。

こんな素敵なスタッフさんたちがいて下さる限り、頑張れます。いや、もっともっともっと頑張ろうって思いました。
ファンの皆さんに恵まれ、スタッフの皆さんに恵まれ、身を置く環境にも恵まれ...。竹島宏は実に幸せな人間だと、改めて感謝した1日でした。

そんな特別な日に見たイルミネーション。メチャメチャ綺麗な光でした。

僕もステージで、あんな風にキラキラした優しい光を放ちたい...。

明日も頑張ろう!
20171204.jpg

2017年11月29日

●『月枕』の世界

名古屋と東京・代々木上原のステージで頂いた熱い応援を胸に、2017年の『月枕』熱唱の旅はまだまだ続きます。

最近、楽曲の持つ品格や美しさを改めて感じながら歌わせて頂いています。

20171129b.jpg

ポップス色の濃い『月枕』は、歌い始めの頃、僕にとってとてもハードルの高い楽曲でした。それゆえ、発売以来、ステージで歌う時は毎回自分との闘いでもありました。

20171129a.jpg

レッスンでは細部のブラッシュアップを繰り返しながら、より良く響く表現を探し求めました。時には、何度トライしても目標のグレードに届かない自分の歌声に、悔しさばかりの日々もありました。

でも、不思議なことに、歌う難しさを感じれば感じるほど、キャンペーン先で頂くお客様からの拍手は大きくなり、即売では、今までになかった沢山の応援を頂けるようになりました。そして大勢の皆さんが、『月枕』を歌う竹島宏に、今までとは違う可能性を見出して下さるようになりました。

そんなお客様たちの後押しがあったからこそ、10ヵ月もの間、走り続けることができました。

全国のファン皆さん、歌謡曲ファンの皆さんがお買い求め下さったCD一枚一枚のおかげで、本日付けの『月枕』売上枚数は、11万枚を超えています。僕にとってとてもありがたい記録更新です。

更に、今週のオリコンの演歌・歌謡ランキングでは第5位を頂くことができました。

皆さんのあたたかい応援に心から感謝申し上げます。

これからも、人のこころを教えてくれる『月枕』を大事に、今の自分と向き合いながら歌って参ります。

皆さんも是非もう一度、冬の季節に感じる『月枕』の世界を、じっくり味わってみて下さい。

2017年11月23日

●僕にとっての野望

ふるさと福井でのランチショーにて、皆さんから頂いたパワーははかり知れません。

本当に、本当にありがとうございました☆☆☆

今なお『月枕』への熱い応援、大勢のお客様からの励ましと愛に溢れたメッセージ、心から感謝しております。

今のタイミングでの福井のステージ、歌の神様が計算して下さっていたとしか考えられません。

デビュー以来ずっと頂いてきた応援は必ず、新しい未来へつながる糧とさせて頂きます。

来年からは、これまでの様々なことにとらわれず、今までとは違う新たなる道を歩いて行くつもりです。

今日も「宏くんの野望、楽しみにしてます。」って、少しだけ(笑)言って頂きました。

逆らうでもなく、従うでもなく、自分らしい新しい流れを見つけ、そこで生きていくこと。

それが僕にとっての野望です。

あまりにもシンプル過ぎてビックリされた方も多いと思います(笑)

具体的に話し出すと長~くなっちゃうので、割愛させて頂きます。

その変わり、ひとつだけ。

2018年の竹島宏、歌が大きく変わると思います。

どうぞ楽しみにしていて下さい。

それでは皆さん、良いお年を!!

いやいや、まだ12月にもなってないし(笑)
20171123.jpg

2017年11月20日

●また前を向いていきましょう

午後の1時半からスタートしたレッスンを終えてスタジオを出ると、いつの間にか夕方になっていました。
清々しいひとときです。
20171120.jpg

今の僕には、こんなに夢中になれる時間があり、音楽の基礎を学べる名コーチがいて下さることが、どれだけの心の支えになることでしょう。
そして、九州でお会いしたファンの皆さんの拍手とご声援が、どれだけの心の救いになったことでしょう。

考えに考えて、全身の力を振り絞るようにかけて下さった、ファンのお父さんの一言。「また前を向いていきましょう。」に、涙が止まりませんでした。

レコード会社のスタッフさんが勇気を出して言って下さった言葉にも、大きなパワーを頂きました。

先日の運命の結果を粛々と受け止めてはいたものの、ファンの皆さんのお顔を見ていると、隠し切れない感情が溢れ出てきてしまい、号泣せずにはいられませんでした。

皆さんと一緒に、嬉し涙を流すっていう約束をしていたのに。本当にごめんなさい。

初めての経験を、頭では理解していても、不器用な僕にはまだ、心の整理がついていなかったようです。

でも、もう大丈夫です。

むしろ、今回の貴重な経験には心から感謝しています。しかも、表現者として成長していく過程にはなくてはならない、最高の宝物を頂くことができました。本当にありがとうございます。

今度の福井のランチショーからは、いつもの竹島宏で皆さんにお会いできるよう頑張ります。そして、今年一番の歌声を聴いて頂けますよう、ステージに臨みたいと思います。

ですから皆さんも是非、いつものハッピースマイルで会場にいらして下さいね。

お会いするのを、心から、心から楽しみにしています!!

2017年11月17日

●いつも応援して下さっている皆さんへ...。

いつも応援して下さっている皆さんへ...。

15周年の節目の年、夢を目標に変えて、全国のファンの皆さん、スタッフの皆さん、皆さんと一緒に頑張ってきました。

でも、目標がまた夢に逆戻りしてしまいました。

ご期待にお応えできず、本当に、本当にごめんなさい。

心を共にして走り続けて下さった皆さんのことを思うと、何と申し上げたらよいか......。

とにかく今は、これまでずっと支えてきて下さったファンの皆さん、スタッフの皆さん、先生方、お世話になったすべての皆さんに、心からのありがとうでいっぱいです。

そして、僕に夢を見させて下さった皆さんに、改めてお礼をお伝えしたいと思います。

本当に、本当に、本当にありがとうございました。

これからも、すべてに感謝を、そして笑顔を忘れずに、自分の信じた道を、お天道さまに恥ずかしくない生き方で、意気揚々と前進して参りたいと思います。

それは、竹島宏の歌を愛し、支えて下さる皆さんにも、同じであって頂きたいと思います。

僕は、美しいお心の皆さんと出逢えて、本当に幸せ者です。

歌い手になって、良かったです。

これからも、皆さんの笑顔にお逢いするために、歌声を磨き続けて参りたいと思います。

そして来年は、今までとは違う、新たなる野望に向かって前進するつもりです。

もし、こんな僕でも良かったら、今後ともお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

週末にかけて年末の寒さになるとか!?皆さん、くれぐれも体調にお気をつけ下さい。

皆さんの愛に守られている宏より。

20171117.jpg

2017年11月15日

●ベストアルバム発売になりました☆

新しいベストアルバムが発売になりました☆
テイチクレコードの歌手としての、3年の歩みを振り返ることができる一枚です。

ファンの皆さん、スタッフの皆さん、僕。それぞれの想いが凝縮された一枚。

たかが3年、されど3年。曲を聴きながら、泣いたり笑ったりの思い出がいっぱい浮かんできます。

そう考えると、ただのシングル集とは言い切れない、感慨深いベストアルバムになったと思います。
20171115.jpg

「せっかくだからジャケット写真も、アルバム仕様の新しいバージョンでお客様に楽しんで頂きたいです。」とダメもとでお願いしたら、担当スタッフさんが頑張って用意して下さいました!チョーイイ人ですね(笑)

勿論、今の僕のイチオシCDは、シングル『月枕』でありますが...、良かったらアルバムもお聴き下さい。よろしくお願いいたします♪

追伸:昨日、病院で喉の写真を撮って頂いたら、季節のアレルギー症状が見受けられるものの、風邪による声帯のトラブルはなく、大丈夫とのことでした。
先生からは「キレイな声帯してるから、安心して、思いっきり歌って下さい。」と言って頂きました。
皆さんにご心配おかけした分、今日もパワー全開で仕事させて頂いています。
心身共に栄養を補いながら、年末まで益々張り切って参ります!!!

早く、全国の皆さんの最高の笑顔にお逢いしたい...。それが、今の僕の心からの願いです。

2017年11月13日

●真っ赤な夕日

久しぶりのレッスン日でした。
名コーチにしっかりチューニングして頂けるからこそ、普段のステージで思いっきり歌えます。

歌手活動を支える大切な、大切な時間です。

ところで、先日は、喉の調子のことなど、大勢のファンの皆さんにご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

そして、ニッポン放送さんの『徳光和夫 トクモリ!歌謡サタデー』では、司会の徳光和夫さん、アシスタントの石川みゆきさん、番組スタッフの皆さん、関係者の皆さんには多大なるご迷惑をおかけしてしまい、本当に、本当に申し訳ありませんでした。

寛大なお心で、電話での生出演をお許し頂きましたこと、心より、心よりお礼申し上げます。

また、番組ホームページにて、徳光さんと石川さんが竹島宏のCDを手にした写真を掲載して頂いていることを知り、番組の皆さんの優しさが沁みて...、ありがたすぎて...、涙が止まりませんでした。何とお礼を申し上げたらよいかわかりません。本当に、本当に、本当にありがとうございました。

番組の皆さんに、いつか必ずご恩返しさせて頂けますよう、これからも精進を重ねて参ります。今後共、ご指導とご鞭撻を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

20171113.jpg
最近、真っ赤な夕日を見ることが多いです。天国から見守ってくれてるんだな...と思うと、また涙が出てきます。

目標まで、残りの時間も限られてきました。

悔いのないよう頑張ります!!

僕はひとりじゃないから、いつだって皆さんがいて下さるから大丈夫。そう信じています。

心を寄せて下さる全国の皆さんと一緒に、頑張り抜きます!!

最後になりましたが、いつも竹島宏に大きな愛を届けて下さる皆さん、本当に、本当にありがとうございます☆