2018年4月22日

●NHK『のど自慢』in愛媛県愛南町

愛媛県愛南町から生放送のNHK『のど自慢』をご覧下さった皆さん、ありがとうございました。

今回はテイチクレコードの大先輩・天童よしみさんとご一緒でした。
20180422_03.jpg

昨晩、先輩の45周年コンサートの特別番組をTVで拝見した時も感じましたが、偉大な先輩は、そのすべてがどこまでもあたたかくて、いつも優しいオーラで満ち溢れているように思います。歌も、お人柄も、たくさん学ばせて頂くことができ、今というタイミングでご一緒できたことは、歌手としてまたまた幸せな時間を過ごさせて頂けたと感謝しております。

そして何よりも、同じテイチクレコードに入れて頂けて・・・、本当に良かった!です。

ところで、本番前、愛南町の町長さまと副町長さまがわざわざ楽屋までご挨拶に来て下さり、ご当地キャラクターの"なーしくん"グッズをプレゼントして下さいました。せっかく頂いたのでと思い、実は、なーしくんグッズの1つを衣装のある部分に身につけて番組に出ていたのですが・・・、どなたか気づいて下さいましたか???(笑)
20180422_04.jpg

さて、今回も朝早くから会場に駆けつけて下さったファンの皆さんの応援、見事予選を通過し『恋町カウンター』を歌って下さった出場者さんの勇気、心強いパワーを送って下さった全国の皆さんの真心、本当にありがとうございました。

そして、番組司会の小田切千アナウンサー、番組スタッフの皆さん、地元でお世話になったスタッフの皆さん、皆さんとまたご一緒させて頂けるのを楽しみに、これからも精進を重ねて参ります。
20180422_02.jpg

皆さんから頂いた愛とお土産に頂いた"愛南ゴールド"で、身も心も、しっかりエネルギー補給しながら、明日からも笑顔でガンバります☆☆☆
20180422_01.jpg

2018年4月19日

●僕の好きな赤い橋

今日はだんじりの街・岸和田にて、NHK「新BS日本のうた」の収録です。

新年度に入り、小松宏司アナウンサーが番組司会に復活されてから初参加させて頂く収録なので、ドキドキです。

20180419.jpg
会場に向かう途中の高速道路。今日も、僕の好きな赤い橋を通りました。全長980メートルの"港大橋"。この大きな橋を渡る時いつも思い出すのは、5年前に行ったニューヨークです。

文化背景が全く違うアメリカで触れた音楽は、僕の心の殻を突き破ってくれました。その衝撃を受けてから、歌への向き合い方が全く変わりました。

日本の音楽業界の末端に身を置く、僕のようなしがない1歌手にでもできることが必ずあって、自分の可能性を信じきれるかどうか次第で拓ける道があるかも知れないと考えるようになりました。

ブロードウェイのキラキラしたステージに立つ俳優さんたち。まるで音楽がダンスしているかのような演奏をするjazz clubのミュージシャン。セントラルパークの住人のリスたちと共演していたミニオーケストラ。

駅構内が俺にとって最高のステージ!と云わんばかりに熱唱するsinger。

生きた音楽を肌で感じることができたニューヨークでした。

今日はニューヨーク以上に熱いエネルギーをお持ちの皆さんが、岸和田市立浪切ホールに集結して下さっています。

お客様、出演者の皆さん、スタッフの皆さんと一緒に番組を盛り上げられるよう、精一杯、自分の役目を頑張りたいと思います。

そして大阪の後は、愛媛県愛南町に伺います。

NHK「のど自慢」が、4月22日(日)午後0時15分~午後1時00分まで生放送予定です。

総合テレビとラジオ第1にてお楽しみ頂けます。

応援よろしくお願いいたします!!!

2018年4月17日

●コンガdeリズム

東京に戻ってきて久しぶりのvocal lesson。

先週も伺う予定でしたが、少し体調を崩してしまいお休みしてしまったので、その分もみっちり教えて頂きました。

僕は、何をするにも要領の良い方ではないので、物事を把握し→理解して→習得し→人に伝わるように表現できるまで、普通の何倍も時間がかかってしまいます。これは歌だけに限らずですが・・・。

まして、10000時間の法則があるのならば、もっともっと修練の時間が必要だと思われます。

音程の判別は割合誰にでも容易で、ロボット君にも可能な領域ですが、リズムに関しては、アナログな判断でしか問題が解決できない複雑さがあります。

その上、自分の中のリズムが正しいかどうか、歌いながらその感を養うのも至難の技です。

そんな僕にとって強力なサポートとなるのが、いつも幸耕平先生が演奏して下さるコンガです。
20180417.jpg

元々、パーカッションの専門家でいらした先生の音色がひとたび響き渡ると、レッスン室はさながらライブ会場のようです。

ずいぶん贅沢な、世界一のlesson time。本当にありがたいです。

これからも一歩一歩、全国の皆さんに少しでもいい歌をお聴き頂けますよう精進致します。

寒暖の差が激しいです。皆さん、くれぐれも体調にお気をつけ下さい。

2018年4月16日

●北海道最終日!

北海道最終日は、札幌市内でのマスコミキャンペーンでした。

生放送、収録、取材の合間にランチタイムは、今回もやっぱり、スープカレーをリクエスト。

僕は、奥芝ールさんの燻製ロールキャベーヂカリーの宴を、ご飯小盛りでオーダー。

赤ピッキーヌ入りの辛さですが、12段階中、下から5番目なのでまだまだ平和的辛さ(笑)。次回は限界に挑戦したいと思います。
20180416_02.jpg

そして、今年の秋も札幌でコンサートをさせて頂けることになりました。

「竹島宏コンサート 昭和歌謡特集」では、世代やジャンルを越えて、皆さんに愛され続けてきた名曲たちをお届けします。懐かしい青春時代に、一緒にタイムスリップしましょう。

9月28日(金)道新ホールにて、午後2時半からと午後6時半からの2回公演。お問い合わせはエーダッシュまで。

北海道内は勿論、道外からも、大勢の皆さんのご来場をお待ちしています♪
2018416_01.jpg

2018年4月11日

●『竹島宏の歌MAX』今回の収録は!

今日は『竹島宏の歌MAX』の収録日。

トークサロンへは、大月みやこさん、川中美幸さんが遊びに来て下さいました。
20180411_03.jpg

20180411_04.jpg

大先輩を前にするといまだに緊張してしまいますが、拙い司会にもかかわらず笑顔でお話下さる優しい先輩方。本当にありがたく思います。

ゲストの皆さんに助けて頂く司会者もどうかと思いますが・・・これが自分の器なのだと思います。まだまだヒヨッコですね(笑)

ところで、番組では最近、「今日の1曲」をギターの生演奏に合わせて歌っています。

演奏は磯部有靖(いそべくにやす)さん。

竹島宏の歌声をより近くに感じて頂ける、アンプラグドコーナー。 20180411_02.jpg


近々、テレビだけでなくライブでも、アンプラグドでお届けしたいと思案中です。

歌声の精度をより高く、クリアに聴いて頂けるアンプラグドライブは、豪華なサウンドではなかなか聴くことができないこだわりのライブです。

最近、僕がやりたかったことが少しずつ実現できてきて嬉しい限りです。これもすべて、ファンの皆さんの応援とスタッフの皆さんの理解あってこそです。

皆さんに音楽の歓びをお届けできるstage singerになるためにも、もっともっと色々な視点から学び、世界を広げていかなければなりません。

そのためにやらなきゃならないことは盛りだくさん。

この分だと、今年もあっという間に師走になっていそうですね(笑)

大月みやこ先輩が差し入れして下さった筍のおにぎりを頂きながら、収録最後まで頑張ります。ごちそうさまでした!
20180411_01.jpg

2018年4月 9日

●気持ち良い風景

いつも思うことですが、熱き志をお持ちの皆さんとお仕事をさせて頂ける時は、本当に幸せを感じますし、いい刺激を頂きます。僕もそんな存在になれるよう、日々勉強です。

NHK名古屋放送局から東海北陸地方へ発信する人気番組『さらさらサラダ』からスタートした歌の旅も、あっという間の4日間でした。

最終日、初めてお招き頂いた高浜Tぽーとさんからの帰り道。三河安城駅に向かう道で見た風景が、心に溜まったおりを落としてくれました。
20180409.jpg

代謝を良くして、心も身体も整えながらこれからも走り続けます。

今日はラジオday。おしゃべり頑張ってます!

2018年4月 6日

●18年!!

三重県の鈴鹿ハンターさんでの握手会で「うちには番組がはじまった2000年7月に生まれた子どもがいるんです。」って話をして下さったお客様がいらっしゃいました。

少し前に『歌謡サロン・演歌がええじゃん』から『竹島宏の歌MAX』に番組タイトルが変わった訳ですが、よくよく考えたら、番組自体はスゴい年数続いているんですね。

18年!

ということは、番組放送開始から出演の竹島さんも、あの頃から➕18歳!!

ヒョエーッ!!!って感じですね(笑)

ますます『恋町カウンター』を頑張らないとなって気になります。

皆さんもカラオケで、歌って、踊って下さいね!

20180406.jpg

2018年4月 5日

●桜の花びら

名古屋市内でのマスコミキャンペーンは、テイチクの頼れる伊藤さんがびっしりスケジュールを組んで下さったおかげで、充実した1日になりました。

お世話になった皆さんは、本当にあたたかい方ばかり。

思わぬ出会いもありました。嬉しい再会もありました。そして「恋町ダンス」を覚えて、踊って下さった皆さんもいらっしゃいました。

名古屋の人のおもてなしの心をいっぱい感じて、明日へのエネルギーをしっかり充電させて頂けたように思います。

そして、全国の皆さんから頂く各番組への沢山のリクエストも、本当にありがとうございます。これからも『恋町カウンター』をどうぞよろしくお願いいたします。

今日お会いしたすべての皆さんのお仕事姿はとても眩しくて、刺激をいっぱい頂いて参りました。明日からのステージも頑張ります!

散りゆくさくらの花びらのように、僕も自分の精一杯を、後悔のないよう日々全うしたいと思います。
20180405.jpg

2018年4月 4日

●青空の下で

今日の竹島宏は、埼玉県熊谷市の空の下で歌い、踊っています。

4月にテイチク内で人事の大移動がありました。在籍して3年ばかりのまだまだ新参者の僕でも、信頼して仕事していたスタッフさんたちの担当替えは、気持ちがナイーブにならざるを得ません。

『恋町カウンター』キャンペーンで走り続けている毎日でもどことなくザワザワしていて・・・、ときめきのような、不安のような、何かの前触れのような、春ならではの心のゆらぎなのでしょうか。

そんな時に、日高晤郎さんの訃報を知りました。

初めてお会いしたのはSTVラジオの打ち合わせ室でした。

ご挨拶させて頂いた時、僕のCDを受け取って下さり、番組内でも曲を流して下さいました。

お会いする前から日高さんに関する様々な伝説をお聞きしていましたが、僕の中の日高さんは昭和男のダンディズムを貫かれている方という印象でした。

番組でお世話になった時に、リスナー代表の皆さんと一緒にスタジオでお聴きした『街の灯り』。日高さんの味わい深い熱唱、日高さんの人生を感じる歌声は、今も忘れられません。いや、一生僕の脳裏に焼きついて行くことと思います。それこそが日高晤郎さんという方の存在感なのだと思います。

あれだけのスケールの大きな方には、もう二度とお会いできないと思います。

日高晤郎さん、ありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

20180404.jpg

2018年3月30日

●恋町カウンターin関西

今日から3日間は関西で『恋町カウンター』を歌い、踊り、宣伝して参ります。

昨晩大阪入りしてから、テイチク大阪オフィス近くの御津八幡宮に行ってきました。遅い時間だったので中には入れませんでしたが、桜が綺麗にライトアップされていて、とても幻想的でした。
20180330_06.jpg

20180330_07.jpg

そして今日のお昼は、神戸の港を望みながらランチバイキング。福井県産のお米のご飯が用意されていたのがとても嬉しかったです。野菜メインとはいえ、3皿➕αと食べ過ぎてしまったので、もしラジオの収録中に眠っちゃったらどうしよう~とヒヤヒヤしていましたが、その逆でますます絶好調に! 20180330_02.jpg

20180330_05.jpg

20180330_04.jpg

20180330_03.jpg

その上、午後からお世話になったパーソナリティの桜井一枝さんも、脇たまきさんも、お話上手にのせ上手な方たちですから、ついついしゃべり過ぎてしまい少し反省。その模様がどこまで放送されるかは今のところナゾですが(笑)、オンエアで是非チェックして下さいね。

新曲『恋町カウンター』キャンペーン、これからもミラクルヒット目指して張り切って参ります。

全国の皆さんのスマイルパワーを、是非僕に下さい(^o^)/

よろしくお願いします!
20180330_01.jpg